My Life 

ARTICLE PAGE

九州へ行って来ました(最終日から帰宅まで)

『九州の旅』今日は最終日。少し観光してから空港に向かいます。


朝の渋滞の中を走り抜け向かったのは。。。。
『めがね橋』
『めがね橋』は長崎市中島川に架かる石造二連アーチ橋
日本初の石造りアーチ橋である。1960年(昭和35年)に国の重要文化財に指定されたそうです。
2014-Qsyu118.jpg

川面に映った橋が「めがね」の様に見えるの所から『めがね橋』と呼ばれているようです。
2014-Qsyu119.jpg

ココにも『ハートストーン』がっ
眼鏡橋付近の堤防にハートの形をした石が20個前後はめられているそうで
ワタシも1つだけ見つけたよ~~
2014-Qsyu200.jpg

この後は最後の観光地へ向けてバスは走ります

「佐賀平野」を走りぬけ。。。。
2014-Qsyu201.jpg

長い移動の間にガイドさんが聞かせてくれた物語。
『この子を残して』 永井隆さんの随筆作品。
永井隆は、旧制長崎医科大学(現在の長崎大学医学部)で放射線医学担当の助教授・医局員となり、
第二次世界大戦が始まる前から放射線に被曝し、1945年6月には白血病と診断されていた。
さらに、1945年8月9日11時2分、原爆によって被爆し、妻を亡くす。
この著書は、自分の子供を残して死んでゆく悔しさと、
自分の専門にかかわる病気と戦争で死ぬ悔しさを訴えたもの(Wikipediaより)

「こよなく晴れた青空を」で始まる曲
『長崎の鐘』はサトウ八ローさんが
永井博士の被爆の半生を歌にしたものだそうです。

感動して胸が詰まる思いで泣けました。。。。
走るバスの中で何人かの人も涙して聞いていたようです。


そして。。。「福岡」に入りました
2014-Qsyu202.jpg

最後の観光地「太宰府天満宮」に着きました。
2014-Qsyu203.jpg


15分ほど参道を歩き本殿に着きました。
『太宰府天満宮』 
学問の神様「菅原道真公」を祀っており、受験合格や学業成就などを祈願する人達で、
1年中にぎわっているそうです。
2014-Qsyu204.jpg

 境内には約6,000本もの梅が植わり、 梅にちなんだ焼餅「梅ヶ枝餅」が有名で参道脇には
数多くの店が並んでいます。
2軒のお店で購入して食べたけれどチョットづつ甘さも違って美味しかった~
2014-Qsyu205.jpg

「心地池」に架かる『太鼓橋』
漢字の「心」の字を象った池に掛かる三つの太鼓橋は、
過去・現在・未来を表していて、この橋を渡ると心身ともに清められるとも謂われています
2014-Qsyu206.jpg

2014-Qsyu207.jpg

『神牛』 
牛は天神さんのお使いといわれ、境内にはたくさんの牛の像が有り
 「なで牛」とも呼ばれ、体に悪いところがある人は、
神牛の同じ部分を撫でると良くなると言われているそうなので。。。。。
ワタシは「頭」を重点的になでなでしました(笑
2014-Qsyu208.jpg


全ての観光を終えて『福岡空港』に着きました。
搭乗手続きを終えて2時発JAL318便に乗り帰ります。機内は満席でした。
2014-Qsyu209.jpg

わぁ~~飛行機雲だよ~~
2014-Qsyu211.jpg

眼下には『海ほたる』が見えてます。そろそろ着くかな。。。。
2014-Qsyu212.jpg

定刻通りの3時30分無事に『羽田空港』に到着。1時間10分の空の旅でした
2014-Qsyu213.jpg
高速バスのチケットを購入して空港内で一休み。
チョット渋滞している首都高を抜けて家に着いたのは8時頃。。。。ただいまぁ~~~

あっという間の4日間の『九州の旅』でした。
久々の国内旅は何処へ行っても言葉が通じるのが安心でイイかもね

見て下さった方 どうもありがとうございました。Ba*Ba

Comments 0

Leave a reply